在宅介護と介護施設

ホームヘルパー

ホームヘルパーは介護保険で利用される居宅介護サービスで、最も利用されるサービスです。ホームヘルパーは、要介護者の自宅まで訪問し、食事や入浴の世話をしたり、排泄などを手伝ってくれます。

他にも、洗濯や食事の調理など日常生活で必要とされる事を代行してくれ、買い物と等にも行って貰うことができます。ホームヘルパーとして介護する人は、ホームヘルパー2級以上の資格があるか、介護福祉士の資格を持っていなくてはなりません。

ホームヘルパーは、要介護認定を行った時のケアプランをもとに介護を行ってくれ、訪問介護サービス事業所に依頼する事で、ホームヘルパーが派遣されてきます。この時、ホームヘルパーに対して、訪問介護サービス事業所と契約した金額とは別に、心付けやお礼などを渡してはいけない事になっています。

介護サービスは一回や二回で終了する事はなく、定期的に継続して利用していく事になるので、余計な心遣いを始めに行うと、途中から気まずくなってしまいます。また、ホームヘルパーは介護をする人なので、要介護人以外の家族の用事を依頼したりする事は、契約違反になります。

基本的には要介護者のみにサービスを提供すし、要介護者以外の家族の分まで食事をつくってもらうのは禁止されています。要介護者に提供される訪問介護サービスは、身体介護と生活援助で分けて設定されているので、片方だけを依頼したり、両方依頼するなどして必要な介護を頼むようにしましょう。