在宅介護と介護施設

ショートステイ

ショートステイは、介護施設に短期的に入所して、介護などを受けるサービスをいいます。普段は在宅介護ですが、家族が介護から離れて休息する為や、旅行に行ったり、葬式などの急な用事で留守にする場合に、数日から1週間程度、介護施設で代わりに介護を受けます。

ショートステイは、介護をしている家族がリラックスする時間を持つことができ、在宅介護を担う家族にとっては、非常に重要なサービスです。家族と言えども、1日のうち何時間も拘束される介護は、ストレスを蓄積する事になり、ショートステイの利用によって、リフレッシュすることで、在宅介護を続けられるとされています。

介護保険では、介護施設に併設するショートステイ施設を利用する短期入所生活介護と、老人保健施設や介護療養型医療施設の施設に入所する短期入所療養介護があります。短期入所生活介護と短期入所療養介護は、サービスの内容に違いがあります。

生活介護のショートステイでは、日常生活の介護や簡単な機能訓練のリハビリテーションが行われ、療養介護のショートステイでは、日常生活の介護以外に、医学的管理のもとで行う本格的な機能訓練の為のリハビリテーションが行えます。

また、単独型のショートステイもあり、社会福祉法人や医療法人の運営する介護施設に併設された施設のショートステイと違い、単独型ショートステイは民間企業が運営を行っています。この為、サービス内容や、料金体系などで、どこでショートステイをおこなうか、決める必要があります。