有料老人ホーム

有料老人ホームの料金

有料老人ホームの入居料金は、世間一般で高額であると言われています。月額は契約時にある程度詳細がわかりますが、その前に払う入居金でトラブルが起きやすいとされています。有料老人ホームの入居一時金は、平均的に200万円から500万円とされ、高額な老人ホームでは3000万円も必要な場合もあります。

高額な入居料金を支払っても、その後の生活に少しも不満が無く、満足している場合は問題ないですが、結局ホームが合わずに退去することになってしなった場合、基本的に、入居一時金は全額返金されることはありません。

入居一時金は、数年間で償却されていくので、3年で償却される場合は、4年目以降は1円も返還される事はありません。入居一時金は、基本的に20%は初期償却され、残りの80%から償却されていない部分が返ってくる事になります。このように、高額の入居料金を支払っても、必ず自分にあった環境とは言えないので、事前によく調べて、見学に行く事が大切であるとされています。

最近は、老人ホームの契約についても、クリーンオフが可能なので、入居してから90日間以内にクリーンオフできれば、全額が返金されます。入居してから、違和感を感じたり不満のある場合は、始めの3ヶ月で退去をするか判断しなくてはなりません。

また、入居一時金がなく月額利用料が高いという有料老人ホームもありますが、入居料金を全額損することは無くても、長く入居することで月額利用料が高いので、高額を失う事に代わりはありません。