有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、介護付有料老人ホームのように特定施設入居者生活介護は受けていません。この為、住宅型有料老人ホームの施設内では介護サービスは行われていません。では住宅型有料老人ホームは、要介護者も介護が不要な人も入居することが出来ます。

住宅型有料老人ホームでは、訪問介護や訪問看護の居宅サービスなどを、外部と個人契約をする事で、介護サービスを受ける事が出来ます。

住宅型有料老人ホームでは、地域の訪問介護や通所介護など自分で受けたいサービスを選択して利用することができます。住宅型有料老人ホームには、クリニックや訪問介護事業所等が併設しているので、緊急であってんもすぐに対応して貰う事が出来ます。

介護付き有料老人ホームとの違いは、介護が必要になった場合に、外部へ依頼した介護サービスを利用するか、老人ホームに常在するの介護スタッフに介護サービスを受けるかです。住宅型有料老人ホームには、ホーム内に専用のスタッフはいませんが、施設内か近隣に委託先の事業者があるので、ほとんど介護付有料老人ホームと差はありませんが、介護付きと表記する事が出来ません。要介護となった場合は、自分で介護サービスの内容を決められるので、費用を抑える事も手厚くする事も出来ます。ただ、介護スタッフがいつもホーム内にいてくれる訳ではないので、臨機応変な対応は出来ないとされています。

また、自己負担額をたくさん払えば、、要介護度が高くなっても、外部から専門家を読んで住宅型有料老人ホームで介護を受ける事が出来ますが、費用が介護付有料老人ホームよりも高くなるのは覚悟しなくてはなりません。