介護施設を利用する

介護施設の食事

介護施設に入居者しているものにとって、食事は日々の生活での楽しみの一つです。ただ、入居している介護施設の食事内容に、満足している入居者は極めて少ないのが現実で、介護施設での生活を要介護者が嫌がる原因の一つとなっています。

この為、介護施設でも差別化をはかって食事内容やサービスの充実を行っており、特に有料老人ホームでは力を入れている施設が増加傾向にあります。 現在は、介護施設で食事を作っている所は少なく、外部からの配給して貰い、給食方式をとっている施設が大部分です。

この為、メニューの種類がワンパターンで、料理が冷めているといった不満が多くあるようです。しかし、施設の運営上外部から配給しているにしても、単に調理食をそのまま出しているだけでは、不満が出ても仕方がないと言えます。

食事は介護施設のような娯楽の少ない場所では、非常に重要な要素となるので、老人ホームを見学する際は、体験入居してみて、食事の献立や給仕の様子なども確認しておくといいでしょう。ただ、食事の内要に関しては、アレルギーを持っている人もいるので個々の意見を全て取り入れる事が出来ない事も、入居はある程度理解する必要があります。

ただ、栄養面と衛生面だけ配慮された食事では、楽しむ事は出来ません。ある程度、入居者の状態に合わせた食事にしてくれるか、施設も入居者も妥協する必要があります。また、食事時中は入居者一人一人の食事ペースを考え、せかせたりする事がないか、という点も介護施設選びでは重要です。

スポンサードリンク