介護施設を利用する

デイサービス

デイサービスは、要介護に食事や入浴、また排泄などの生活介護や、レクリエーションなどを通じて機能訓練を行って貰える介護施設サービスです。一般に、要介護者は自宅に閉じこもりがちなので、デイサービスを利用する事で心身のリフレッシュを行い、介護を行う家族の負担を軽減させることが目的です。

要介護者が寝たきりや認知症になりやすいとされているのは、自宅に閉じこもって全く刺激のない生活を送っている事が原因とされています。

デイサービスは、週に1~2回自宅から介護施設にいって、レクレーションで認知症予防したり、要介護者同士の会話をおこなう事で、脳に刺激を与える通所介護です。デイサービスは要介護者だけでなく、介護を行っている家族にとっても重要で、デイサービスを行っている間は、介護の負担から解放され、気分転換を行う事が出来ます。

デイサービスに似たものでデイケアもありますが、デイケアはデイサービスよりもリハビリが中心となっています。デイサービスでは、リハビリよりも、食事や入浴などの日常のケアが優先され、心身のリフレッシュが主な目的となっています。

みんなでコミュニケーションを測る為に、リハビリ目的のレクレーションを行う事もありますが、全く行わないで、会話を楽しむ場合もあります。介護保険でデイサービスを利用した場合、デイサービス中の食事代 やおやつ代 、また、おむつ代などを負担する事になり、介護保険の一割負担とは別に必要となります。

スポンサードリンク