介護施設の基礎知識

介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設とは、介護を必要とする高齢者の自立を支援する施設です。最終的な目標としては、要介護者が家庭で生活できる事であり、一定期間で退所する事となります。介護老人保健施設は、ほぼ医療法人によって運営されています。

介護老人保健施設への入居の条件は、要介護度が1~5で65歳以上である事が基本です。そして、病状が安定しており、リハビリテーションを行う事で、自宅での生活ができる人である事とされています。年齢や要介護度など基本的な条件を満たしていても、リハビリテーションの対象外であると入居する事が出来ません。また、1度入居しても、リハビリテーションを継続して行うのが困難であると、退所しなくてはならない場合もあります。

介護老人保健施設では、医師の管理の元で介護が行われ、リハビリテーションを行っていきます。介護老人保健施設は、常に医師や看護師が常在しているので、夜間でも病状の急変などを心配する必要がありません。

ただ、他の病院にかかることは禁止されているので、施設内で対処できない場合は、退所してから他の病院に移る事になります。介護老人保健施設に入居する人は、病院で入院しながら治療を行い、日常生活に急に復帰する事に不安を感じる人が、医師が管理の元でリハビリテーションを行い、日常生活に戻れるようにする施設です。

基本方針としては、半年ほどで退居するとしており、あとは介護保険を利用して日常生活に不自由がないようにします。介護老人保健施設は、帰宅が前提の施設なので、他の介護保険施設に比べ中間的な介護施設と言われています。

スポンサードリンク