介護施設の基礎知識

介護老人福祉施設

介護老人福祉施設は、要介護認定で要介護1以上の人が。利用することのできる介護施設です。介護保険が設定される前は、特別養護老人ホームとも言われていました。

介護老人福祉施設は、介護保険三施設の中でも一番古くからあり、主に生活サービスを中心に提供し、医療行為はほとんど行わず、病院というよりも住まいの方に重心のある介護施設です。介護老人福祉施設は、介護保険施設の中でも施設利用費が安価で、特に入所期間も決まっていないので、入所待ちの人が入居者を超えているとされています。

ただ、入所期間を定めていないので、ほとんどの入所者が入所中に看取られており、本当に介護を必要としていても、なかなか順番が回ってこないという問題があります。現在、介護老人福祉施設では申し込み順ではなく、要介護度や家庭環境などを考慮して本当に介護を必要としている人を優先して入所させるシステムとなっています。

要介護認定で要介護度が高くても、家族が介護可能な状況の人は後回しにされ、家族が仕事などで介護出来る状況にない人の方が、優先して入所出来るとされています。介護老人福祉施設では、介護の質や設備といったサービスが、各施設ごとに異なるので、ショートステイや見学をさせて貰い、利用者にあった環境をなるべく選ぶようにしましょう。

ただ、順番待ちの状態なので。要介護1以上から入所は可能ですが、要介護が1~2の人は、事実上は入所することが出来ず、要介護5以上でないと入所は、難しいとされており、利用者が好きな施設を選ぶ事は出来ないのが現状です。

スポンサードリンク