介護施設の基礎知識

介護療養型医療施設(療養病床)

介護療養型医療施設は、非常に病院に近い介護施設と言えます。介護療養型医療施設は、介護と医療の両方を必要とする人が、長期的な療養を目的に入居する介護施設です。ほとんどの場合、病院などに併設されているので、病院の一部と間違える人もいます。

自宅療養は困難であっても、医学的管理のもとでリハビリテーションなどを行ない、少しでも自立した生活を行えるようにすることが目的です。介護療養型医療施設の入居条件は、病状が安定していて、要介護度が1以上の人とされています。

介護療養型医療施設は、療養型病床群に含まれ、リハビリテーションを行う機能訓練室、雑談する為の談話室や食堂、また共有スペースとして浴室といった設備を備えておく必要があります。また、介護療養型医療施設は、一般病棟よりも部屋を広く設けなくてはいけません。

主な入所者は、病院での治療が落ち着いて、症状は安定しているが、自宅療養できる程ではなく、もう少し療養が必要とされている人です。ただ、療養が目的とされてはいますが、入所期間は各施設の判断にまかされており、3ヵ月ぐらいの施設や、特に期間を定めていない施設など、様々にあります。

介護療養型医療施設は、医療保険型療養病床と施設目的が似ていることや、特に医療を必要としていない入所者が多数にいることから、近いうちに介護療養型医療施設を廃止して、新たに介護療養型老人保健施設に移行する事になっています。介護療養型老人保健施設は、平成24年3月を目処に廃止するとされています。

スポンサードリンク