介護施設の基礎知識

介護施設とは

介護施設は、実はきちんと定義が定まってはおらず、一般的に介護を必要とする高齢者を中心に、居住とともに介護を行う施設とされています。介護施設は、主に介護保険三施設と有料老人ホームといった厚生労働省の管轄となるものを指します。

ただ、最近は介護サービスも行って貰える高齢者専用賃貸住宅などもあり、このような施設は介護サービスを行う介護施設ではありますが、国土交通省が管轄を行っています。日本は毎年高齢化が進行しており、既存の介護施設だけでは、入湯居者待ちの状態となっています。

このような背景もあり、介護施設に関する法律や所轄官庁などは、現在非常に混乱した状態で、なかなか正確な定義付けが出来ていないのが現状です。 介護保健三施設は介護保険制度によって定められており、要介護者は施設サービスとして利用できる、公的な介護施設です。

介護保険三施設は全国にある介護施設の半数近くを占めているとされています。その他の主な介護施設としては、有料老人ホームを始め、ケアハウスや グループホームなどがあり、介護施設の空きが不足していることから、在宅介護へ移行する取り組みも強まっています。

このように、介護施設には介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設の介護保険三施設と、それ以外の施設など様々にありますが、それぞれの施設で、受けられるサービスや入居の条件、また必要になる費用などが異なり、なるべく要介護者の希望に沿う施設への入居が望まれます。

スポンサードリンク