介護保険三施設以外の施設

有料老人ホーム

有料老人ホームは、介護保険三施設以外で厚生労働省が管轄する介護保険施設です。有料老人ホームでは、入浴や排泄などの世話を行ってくれたり、食事など日常生活必要な介護を行って貰えます。

有料老人ホームは、基本的には65歳以上が対象です。有料老人ホームでは、食事を調理して貰う事も出来ますが、キッチンがついているので、自分で調理してもいい事になっています。

有料老人ホームには3種類があり、日常的な介護が必要になると退去させられる健康型有料老人ホームと、要介護となっても訪問介護サービスなど外部サービスを利用できる住宅型有料老人ホーム、また、特定施設入居者生活介護の認定を受けた人が入居できる介護付有料老人ホームがあります。

どの有料老人ホームも、基本的に常にスタッフがいるので、家族の留守中に様態が急変して、倒れてしまっても発見が遅れるといった事はありません。有料老人ホームでは、すぐに誰かが来てくれるので緊急時の対応も素早く対処でき、昼間は留守になりがちな家族と同居するよりも、安心出来ると言われています。

また、有料老人ホームは基本的には個室でプライバシーが守られており、食堂や談話室といった共同スペースもあるので、多くの仲間と共に食事をしたり、共通の趣味をもった人と知り合う事ができて、充実した生活ができるとされています。在宅介護の場合、自宅にこもりがちで、家族以外とは会話が無いので、刺激が少なく認知症や寝たきりになりやすい事がわかっています。有料老人ホームは、同世代の仲間と刺激し合うことができます。

スポンサードリンク