介護保険三施設以外の施設

高齢者住宅

高齢者住宅は、訪問介護サービスといった介護保険を利用できる、バリアフリーを施した高齢者専用の住まいです。高齢者住宅は、介護保険三施設とは異なり、普通に賃貸マンションを間借りする形で契約します。

高齢者住宅は終身利用方式か、賃貸方式か選ぶことができます。有料の老人ホームは施設利用料が高額で、簡単には入居する事は出来ません。高齢者住宅は有料老人ホームのように、独立した住戸でプライバシーが守られていますが、入居時の費用が比較的安価で利用することができます。

個人の部屋にトイレや浴室、キッチンなどが揃っているので、自分で調理したり、他人を気にして入浴する必要もありません。また、有料老人ホームは介護保険が適用されませんが、高齢者住宅は介護保険を適用出来ます。

高齢者住宅は基本的には、自立した生活を送っていますが、緊急時には部屋に非常ボタンが付いていて、駆けつけてくれたり、怪我や病気で自分で出来ない場合は、食事サービスなどを利用する事が可能です。また、申請を行えば訪問介護のケアサービスを受ける事も可能で、生活支援などを行って貰えます。

高齢者住宅は有料老人ホームよりも魅力的に感じる点もありますが、簡単な介護は行えても、介護度が高く付きっきりの介護を必要とする場合は、高齢者住宅では対応しきれないので、有料老人ホームなどに転居しなくてはならない等の対処が必要です。介護は必要としていなくても、バリアフリーが完備された住居を希望するひとに御勧めです。

スポンサードリンク