介護保険三施設以外の施設

グループホーム

グループホームは、認知症の高齢者を対象にした介護施設です。認知症患者が周囲とコミュニケーションを測り、ヘルパーなどに日常的な生活で助けて貰いながら、食事などを共同生活でおこない、地域社会とも生活を共に行う事を目的としています。

集団生活を行うことは、脳の活性化させて認知症の進行を防ぎ、問題行動を減少させる事が期待されています。また、他の認知症患者やヘルパーと共に、家族を意識した共同生活を行う事は、精神的な安定が得られるとされています。

グループホームでは、出来る事は自分たちで行っていくので、日常生活における食事や掃除などを周りと協力して行い、一人の人間として自立した生活が送れるように、自分の社会的な位置づけを再認識することが出来るとされています。グループホームは、日本では、1990年ごろからおこなわれ、認知症のグループホーム以外に、精神障害者の為のグループホームもあります。

グループホームは、在宅介護支援サービスと介護保険で位置づけられ、個々のプライバシーを尊重しているので、大部屋による共同生活ではなく、個人の部屋で生活を行っています。認知症患者であっても、身の回りの世話をまかせきりではなく、日常生活で出来る事は自力で行うようにします。

グループホームでは、5から9人程度で1グループになるので、少人数ということで、互いに信頼関係を築きやすいとされています。また、少人数なのでスタッフの目が届きやすく、質の高い介護支援を行う事が行えるとされています。

スポンサードリンク