介護保険と介護施設

ケアマネジメント

ケアマネジメントは、介護を必要とする人のニーズを把握して、地域自治体と協力して、保険や医療サービスなどを受けられるようにする事をいいます。ケアマネジメントは、施設介護が中心の時は、必要とされていませんでしたが、在宅介護が中心となった現在は、ケアマネジメントによって、上手に自治体などを利用するのが良いとされています。

在宅介護では、介護保険サービスを利用するのに、どのサービスが必要なのか、自分たちで判断しなくてはなりませんでしたが、ケアマネジメントを利用すれば、公的な介護保険サービス以外に、地域にある介護サービスなども教えて貰う事が出来ます。

ケアマネジメントは、ケアマネジャーの独断で決定するのではなく、要介護者のニーズを把握して、介護保険サービスとの窓口となる事が求められます。

ケアマネジメントを行うと、福祉事務所や地域に設置されている高齢者総合相談センターなどの機関で、介護保険サービスが利用しやすくなります。地域リハビリテーションは、障害が住み慣れた町で、家族と生活が送る為の、福祉生活機関です。

地域リハビリテーションは、単に機能回復の為の訓練ではなく、住み慣れた土地で自分らしく生きるのに必要な行動が求められます。この為、要介護者は適切な介護保険サービスが求められ、地域リハビリテーションに訪問看護や訪問リハビリといったサービスや、介護老人保健施設などに短期入所するサービスなどを提供して貰う事が出来ます。

スポンサードリンク