介護保険と介護施設

介護保険サービス

介護保険を利用すると、様々な介護支援サービスが受けられるようになります。福祉用具貸与は、介護保険でも居宅サービスの一つで、要介護者が日常生活上を送るにあたり必要な用具や機能訓練を行うための道具を、レンタルする事のできるサービスです。認知症対応型共同生活介護も、介護保険サービスのひとつです。

グループホームで食事や入浴といった日常生活に関する介護を受ける事が出来ます。一人では生活できなくても介護して貰え、共同生活をおくることで、認知症状の改善効果が期待できるとされています。特定施設入所者生活介護では、有料老人ホームなどで、日常生活の世話や介護などのサービス受ける事が出来ます。

介護保険サービスでは、施設利用するサービス以外に、居宅介護を行えるサービスもあります。居宅介護を利用する場合は、ケアマネージャーの作成したケアプランを基にして、介護支援を受ける事が出来ます。

居宅介護では、介護してくれている家族が短期的に不在になる場合などに、施設で生活介護などを受けることのできるショートステイがあります。日常生活の生活介護を行って貰え、利用するにあたり、要介護度で支給額が決まります。

また、素人が行うには高度とされる入浴介助の為に、巡回入浴車で看護士やスタッフなどに訪問して貰う事ができるものや、ホームヘルパーに自宅へ訪問をして貰い、排せつや食事等の介護や、調理や洗濯といった家事の代行などを行って貰えるサービスがあります。

スポンサードリンク