介護保険と介護施設

介護保険とは

介護保険は、40歳以上の人が加入する社会保険制度です。介護保険の運営は、国や都道府県、また市町村等が支払う負担金と、被保険者が支払う保険料で成り立っています。高齢者になって収入が無くなってから、高額な介護費を払わなくて済むように、みんなで補いあい、いざ自分が必要になった場合には、助けて貰う為の制度です。

介護保険は、被保険者を2種類に区別しており、 65歳以上の第一号被保険者と、40歳から64歳までの第二号被保険者がいます。介護保険を利用するには、申請を行ってから要介護認定を受ける必要があります。

要介護認定の調査で要介護に認定を受けると、ケアプランを作成して、必要とされる介護保険サービスを利用することが出来ます。介護保険サービスを利用すると、自己負担金は利用料の一割で、残りの9割は介護保険の保険料で支払われます。

基本的に、 40歳以上の被保険者は、介護保険の対象になっていますが、65歳未満の第二号被保険者は特定の疾患にかかっていたり、条件を満たさない限り、サービスを利用することが出来ません。また、第一号被保険者であっても、保険料を滞納している場合は、ひとまず全額を支払い、後日納付猶予や免除などの申請を行わないと、介護保険を利用することが出来ません。

あまりにも未納状態が長いと、利用する際の自己負担金が、1割から3割とに引き上げられる可能性もあります。また、未納状態だと高額介護サービス費は受ける事ができなくなり、完全に自己負担となります。

スポンサードリンク