介護施設の基礎知識

介護施設って何?

介護施設には、様々な種類や施設があり、各施設によって利用の仕方などが異なります。介護施設には、介護保険3施設を始め、有料老人ホームや高齢者住宅などがあります。介護施設によっては、介護保険が適用出来ないものもあり、料金などに大きな差があります。

介護施設は方針を決めずないで入居すると、後々トラブルになったり、後悔することとなります。介護施設に入居する場合、ほとんどの人がその施設で終身まで過ごす覚悟で入居しています。その為、単に値段が安いというだけで入所すると、その生活に耐えられないという事いなってしまうのです。

介護施設を利用する場合は、入居する人の状態や予算などを考慮して、入居先を探す必要があります。入居する人の性格や心身の状況から、医療的なケアが必要か、持病や認知症はないのかと言うてん、介護施設に入居する時に重要な事で、ある程度利用できる介護施設は限られています。

また、いつから入所したいのかも重要な事で、今すぐ入居させないといけない場合や、数カ月は在宅などで介護を行い待てるもの、1~2年は待てるので、納得できると事に入所したいなど、入所希望時期は利用できる施設を限定します。そして、当然ですが介護施設の利用には料金を発生させ、入居する人の財産や、家族からの援助が受けられるのかという、金銭的な要素も計画的に決めないと高額な費用がとられる事になります。

入居一時金と月額利用料がそれぞれいくらかかるのか、それは本人の年金や預貯金でまかなえるのか、家族が金銭的に援助する必要があるのかを確認、検討しましょう。高い費用を払って有料老人ホームに入居したのに、介護が必要になったら退去させられたというケースは少なくありません。

介護付とされる介護施設でも、医療措置を常時必要になったら、退去を迫られる場合もあります。元気なときに快適に過ごす事も大切ですが、病気になったり認知症になった場合に、どんな介護してくれるのかは重要になります。残りの人生を過ごす事になるかもしれないので、介護施設選びに失敗することのないようにしましょう。

スポンサードリンク